ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防接種にかかるキャッチアップ接種について

子宮頸がん予防ワクチン(以下HPVワクチン)の定期予防接種については、平成25年6月から令和3年11月までの間、国が積極的な勧奨を差し控えたことから、接種を受ける機会を逃し、未接種あるいは接種回数が不十分である人がいると考えられます。
接種機会を逃した次の対象者は、実施期間中の3年間、不足分の接種(1~3回)を無料で受けられるようになります。

HPVワクチン接種全般については「ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症の予防について」をご覧ください。

 

詳しくはこちらをクリック

対象者

対象者は次の2つを満たす方となります。

1.1997年(平成9)年4月2日~2007年(平成19年)4月1日生まれの女子

2.過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない方

 

 

 

接種可能な期間

令和4(2022)年4月1日~令和7(2025)年3月31日の3年間

接種費用

上記の対象者は、対象期間中であれば無料で接種できます。

接種回数

1~3回(不足している回数分)

接種医療機関

壱岐市が指定する予防接種実施医療機関はこちらとなっております。

事前に電話で医療機関へお問い合わせのうえ、予約してください。

お問い合わせ時間等指定がある医療機関もありますので、ご確認の上、ご連絡をお願いします。

20歳以上の方で子宮頸がん検診対象の方は、婦人科標榜の医療機関での接種をお勧めします。

接種の受け方について

1.事前に厚生労働省のリーフレット等を確認し、ワクチンの有効性及び安全性等について十分にご理解いただいたうえで、接種についてご判断ください。

2.壱岐市が指定する予防接種実施医療機関の中からご希望の医療機関を選び、予約してください。

3.接種当日、予診票に必要事項を記載し、持参してください。(予診票は通知の中に同封しております)

 

当日必要なもの

 ・予診票 
 ・健康保険証などの住所・年齢が確認できる書類   
 ・お持ちの方は母子健康手帳

新型コロナワクチンとの接種間隔

 原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
 詳しくは、新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。

子宮頸がん検診について

子宮頸がん予防ワクチンで全ての子宮頸がんを予防できるわけではありません。早期発見・早期治療のために、ワクチン接種後も20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受診し、子宮頸がんに対する予防効果を高めることが大切です。

予防接種健康被害救済制度について

極めてまれですが、予防接種を受けた方に重い健康被害が生じる場合があります。HPVワクチンに限らず、予防接種によって、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障害が残るなどの健康被害が生じた場合は、申請し認定されると、法律に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 なお、現在の救済制度の内容については、「予防接種健康被害救済制度/壱岐市」をご参照ください。

費用助成について

 HPVワクチンの積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃した方(キャッチアップ接種対象者)が、定期接種の年齢(小学6年生~高校1年生相当)を過ぎて、任意接種として自費で接種した場合、壱岐市が定める上限額の範囲内で接種費用の助成をいたします。

詳しくは「ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防接種費用助成について」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
〒811-5392
壱岐市芦辺町芦辺浦562番地 芦辺庁舎1階
電話番号:0920-45-1114 ファックス:0920-45-0996
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2023年04月14日