市章の説明及び市の「花木・花・木・鳥」

市章

市章

 壱岐の「i」をモチーフに躍動する曲線で「海とみどり、歴史を活かす癒しのしま、壱岐」の更なる飛躍する姿を力強く表現しました。
 漢字の「人」で波を表現し、壱岐に来る多くの人々の出会いと交流をイメージ、赤は活力と未来へ輝く太陽を、緑は自然に恵まれた豊かな暮らしを意味します。
 

 

市の花木「やぶ椿」

やぶ椿の画像

 市内全域にわたり自生する常緑高木で、「カテシノキ」として、市民に親しまれています。また、種子からはつばき油も採れ、私たちの生活にも関わりのある花木です。

 

市の花「水仙」

水仙の画像

 市内のいたる所に群生し、親しみがあり、清楚で気品があります。多年草の花で、耐寒性があり育てやすく、厳冬の中に花を見ると春の訪れを感じることのできる花です。

市の木「まき」

まきの画像

 市内に自生する常緑高木で、強風・塩害・病害虫に強く、庭木・生け垣・用材として広く利用されており、生活になじみの深い木です。

市の鳥「メジロ」

メジロの画像

 市内に広く生息し親しみがあり、可愛くさえずります。目をふちどる白い輪が特徴です。身近に見られ、美しく、愛らしい鳥です。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課総務班
〒811-5192
壱岐市郷ノ浦町本村触562番地 郷ノ浦庁舎2階
電話番号:0920-48-1111(代表) ファックス:0920-48-1553
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年04月21日