結婚新生活に係る住居費・引越費用を補助します

結婚新生活支援補助金

壱岐市では、お2人の新しい⽣活を応援するため、結婚後、市内で新⽣活を始めるご夫婦に、新居の購⼊費や家賃、引越費⽤の⼀部を補助します!

補助対象世帯(すべての要件を満たす方)

  • 令和3年1⽉1⽇から令和4年3⽉31⽇までの間に婚姻届が受理された世帯であること。
  • 夫婦の所得を合計した金額が400万円未満(年収約550万円未満)であること。            (注意)所得は原則として、前年中のものです。                            (注意)貸与型奨学金返済中の方は、その奨学金の返済額を所得の合計から差し引くことができます。(差し引きできる金額は申請日より遡って1年分とします。)
  • 婚姻届が受理されてから1年以上経過していないこと。
  • 事業実施期間内に住宅を取得、又は賃借した壱岐市内の住宅に現に居住し、その居住先が住民票に記載されており、引き続き本市に居住する意思があること。
  • 生活保護による住宅扶助、その他の公的制度による家賃補助等を受けていないこと。
  • 夫婦ともに市税等の滞納がないこと。
  • 賃貸住宅に係る家賃を滞納していないこと。
  • 夫婦のいずれもが暴力団員又は暴力団密接関係者ではないこと。
  • 夫婦の双方または一方が婚姻日から遡って1年以上本市に在住していること。
  • 住宅取得もしくは引っ越しに関連する費用について、他の補助金等の交付を受けていないこと。
  • 夫婦のいずれもが過去に本補助金を受給していないこと。
  • 本事業の趣旨をよく理解し、長崎県及び壱岐市が求めるセミナーを受講し、補助金受給後も長崎県及び本市に受給者の連絡先等を周知・広報・アンケートなどの事業活用に同意し誓約できること。

助成の対象となる費用

新婚世帯が市内で住宅を購⼊、賃借するための費⽤及び引越費⽤

  • 住宅の購⼊費、賃料、敷⾦、礼⾦、共益費及び引越費用。
  • 引越費用は、引越業者または運送業者へ支払った額。

補助金額

  • 夫婦の高い方の年齢が39歳以下・・・最大30万円
  • 夫婦の高い方の年齢が29歳以下・・・最大60万円

申請期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日

(注意)補助金交付にあたり審査を行うため、必ず補助を受けられるものではありません。

(注意)予算を超える申請があった時点で、受付を終了する場合があります。

提出書類

  1. 補助⾦交付申請書
  2. 誓約書
  3. 住民票の写し (ご夫婦2人分)
  4. 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)(ご夫婦2人分)                           (注意)本市に本籍地がある場合は、市役所各庁舎で取得できます。                     (注意)本籍地が本市以外の場合は、本籍地の戸籍担当課へお問い合わせください。            (注意)外国人の方は、婚姻届の受理証明書等を提出してください。
  5. 令和2年中の所得証明書(ご夫婦2⼈分)
  6. 市税等納税証明書                                               (注意)壱岐市以外に居住していた場合は、前居住地の税務担当課へお問い合わせください。
  7. 住居費に関する契約書のコピー(売買契約書、請負契約書、賃貸借契約書)
  8. 住居費を⽀払ったことが分かる書類(領収書、通帳等のコピー)
  9. 引越費⽤を⽀払ったことが分かる書類(領収書、通帳等のコピー)
  10. 住宅⼿当⽀給証明書
  11. 無職・無収⼊申⽴書兼誓約書(申請時点で無職の場合に添付)
  12. 貸与型奨学⾦の返済額が分かる書類(該当する場合のみ添付)
  13. 補助⾦等交付請求書(⽇付記⼊不要)

 

様式等

この記事に関するお問い合わせ先

政策企画課地域創生・人口減少対策班

〒811-5192
壱岐市郷ノ浦町本村触562番地 郷ノ浦庁舎3階
電話番号:0920-48-1134 ファックス:0920-47-4360
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年04月15日