サウンディング型市場調査

サウンディング型市場調査とは

事業検討や構想の段階で民間事業者等のアイデアや市場性の有無を、公募による対話で把握する調査手法です。

これにより、様々な視点やアイデアを取り入れたより良い実現を目指すとともに、地域課題や配慮事項を事前に伝え、参加しやすい事業公募条件の設定等を行うことで、円滑な官民連携、共創を推進し、最小コストで政策効果の最大化を図ります。

 

・サウンディング(sounding)

「打診する」「ある事に対する相手の意向や意見を確かめるために、前もって相手に働きかけ、様子をうかがう」の意

 

現在募集中の調査

 

対話(コミュニケーション)による持続可能なまちづくり

壱岐市はSDGs未来都市として、壱岐活き対話型社会「壱岐(粋)なSociety5.0」の実現を目標に掲げ、島内外を問わず多様な人が交流し、広く深い相互理解を築く対話(コミュニケーション)を活性化させることで、誰一人取り残さない持続可能な地域社会を構築していくまちづくりを推進しています。