壱岐市観光大使の小坂文乃氏が令和3年度外務大臣表彰を受賞されました

 中国革命の父・孫文と国境を越えて厚い友情を築いた長崎出身の実業家・梅屋庄吉の曾孫であり、本県の国際交流などにも多大なる貢献をいただいている小坂文乃氏が令和3年度外務大臣表彰を受賞しましたので、お知らせいたします。

 

1 受賞者

日比谷松本楼 代表取締役社長 小坂文乃氏

 

2 功績概要

日本と中国との相互理解の促進

 

(参考)外務大臣表彰について

・今年度表彰されるのは、177個人、41団体(うち国内在住受賞者は22個人、5団体。海外在住受賞者は155個人、36団体)
・外務大臣表彰は、国際関係の様々な分野で活躍し、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体に贈られる。
・功績を称えるとともに、その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としている。

<外務省ホームページリンク>
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000889.html

この記事に関するお問い合わせ先

観光課観光しまづくり班

平成31年4月から壱岐振興局別館2階に移転しました

更新日:2021年08月27日