○壱岐市立小学校野外宿泊学習補助金交付要綱

平成17年3月24日

教育委員会告示第3号

(目的)

第1条 この補助金は、野外宿泊学習の実施に伴う経費の一部を補助し、本事業の推進とそれに伴う保護者の負担を軽減することを目的とする。

(1) 見学、観察及び交流・直接体験などの学習を通して、日頃の学習内容を深化・発展させるとともに、体験と見聞を広め生きる力の育成を図る。

(2) 宿泊させることを通して、公衆道徳の実践と集団行動の規律を守り、社会生活への適応を図る。

(3) 事前に計画・学習したことを実行に移すことにより、計画的かつ臨機応変に対応できる力の育成を図る。

(実施主体)

第2条 本事業の実施主体は、壱岐市内の小学校とする。なお、実施対象者及び方法は、実施主体となる学校の事業計画によるものとする。

(補助対象経費)

第3条 補助対象となる経費は、次にかかげるものとする。なお、収支は、総額による収支内訳書を作成するものとする。

(1) 交通費 学校から施設までの車借上料(往復料金)。なお、三島小学校については、フェリー三島の往復乗船券購入費を加算することができる。

(2) 宿泊料 施設の宿泊代。ただし、一人2,800円以内とする。

(対象とする施設)

第4条 補助対象となる野外宿泊学習に使用する施設は、次のとおりとする。

(1) 壱岐出会いの村宿泊施設(郷ノ浦町)

(2) 筒城ふれあい広場レストハウス(石田町)

(3) その他、本事業の目的を達成することができると、教育委員会が認める施設。

(補助金交付申請書及び実施計画・収支予算書)

第5条 野外宿泊学習を実施しようとする学校の校長は、壱岐市補助金等交付規則による補助金交付申請書に、野外宿泊学習実施計画書及び収支予算書を添えて壱岐市教育委員会に提出をしなければならない。

(補助金交付決定及び交付請求書)

第6条 補助金の交付は、次に掲げる事項により処理し、予算の範囲内で決定する。

(1) 前項にかかげる補助金交付申請書が提出されたときは、壱岐市補助金等交付規則により申請書の内容及び計画書を精査し、同規則に定められた補助金交付決定通知書により交付決定の内容を通知しなければならない。

(2) 校長は、補助金交付決定通知書に基づき壱岐市補助金等交付規則に規定する交付請求書(概算請求書)を教育委員会に提出し補助金の交付をうけるものとする。

(3) 校長は、壱岐市補助金等交付規則に規定する補助金交付精算書を事業実施報告書及び収支精算書に領収書の写しを添えて教育委員会に提出しなければならない。

(4) 教育委員会は、上記の補助金精算書の内容を精査し、壱岐市補助金等交付規則に定める補助金額確定通知書を学校長に送付するものとする。なお、既に交付した概算金額が精算書により確定した金額より大きいときは、教育委員会は補助金額確定通知書に壱岐市財務規則に定める戻入命令書を添えて送付するものとする。

(5) 校長は、補助金額確定通知書により壱岐市補助金等交付規則に規定する補助金精算請求書を提出するものとする。なお、(2)に規定する概算請求を行わない場合は、補助金額確定通知書により補助金交付請求書を提出し、補助金の交付を受けることができる。

(6) 補助金の取り扱いについては、壱岐市補助金等交付規則及び壱岐市財務規則を遵守するものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、野外宿泊学習に対する補助金の取り扱いに関する事項は、別に教育委員会で協議する。

附 則

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

壱岐市立小学校野外宿泊学習補助金交付要綱

平成17年3月24日 教育委員会告示第3号

(平成17年4月1日施行)