119番だより(平成29年11月分)

10月の火災       1件   累計   18件

   林野火災       1件        

10月の救急   148件   累計 1468件

 急病        85件            

 一般負傷      28件    

 交通事故      6件     

 運動競技      4件  

 労働災害      1件    

 自損行為      1件  

 その他(転院等)  23件

 

火災救急メモ

1.火災の発生しやすい季節を迎えます

 これからの季節、空気が乾燥した状態が続き、ちょっとした油断から火災が発生しやすくなります。寒くなると、各家庭においても暖房器具を使用する機会が 増えますが、毎年、石油ストーブ等による建物火災が数多く発生しています。その原因は、誤った取り扱いや不注意によるものです。使用の際は、今一度、取扱説明書を確認し、正しくご使用ください。

石油ストーブの使用時と燃料給油時の注意点

(1)石油ストーブ使用時の注意点

  • ストーブの周りに燃えやすい物を置かないようにしましょう。
  • 外出するときは、忘れずに消火しましょう。

(2)燃料給油時の注意点

  •  必ず消火してから給油しましょう。
  •  給油中は、その場を離れないようにしましょう。
  •  過剰な給油はやめましょう。
  •  油種を確認し、誤給油に注意しましょう。
  •  給油後は、確実にキャップを閉めましょう。

2.住宅用火災警報器を設置しましょう

 住宅火災による死者の約6割~7割が逃げ遅れによるものです。時間帯では夜10時~翌朝5時の就寝時間帯が約5割となっています。そのため、就寝中でも、火災をいち早く知らせ、逃げ遅れを防ぐために、寝室への住宅用火災警報器の設置が平成21年6月1日から義務化されています。
 今年実施した調査では、長崎県の住宅用火災警報器の設置率は78%です。それに対して、壱岐市の設置率は70%と県内でも低い状況です。まだ設置されていないご家庭は、大切な家族や財産を守るためにも、住宅用火災警報器を早急に設置してください。

  • 詳しくは壱岐市消防本部予防課(電話45-3037)まで

 

壱岐市火災予防標語

「ひのようじん かじくみんなの あいことば」

この記事に関するお問い合わせ先

壱岐市消防本部
〒811-5757
壱岐市芦辺町中野郷西触411番地2
電話番号:0920-45-3037 ファックス:0920-45-0992
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年01月07日