新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目)について【令和4年1月20日更新】

新型コロナウイルス感染症は、令和2年1月に国内初の発生が確認されて以降、今日に至るまでの長期間、その流行が続いています。その中で、感染症対策として新型コロナウイルスワクチン接種が進められており、壱岐市内において接種対象者の約90%の方が2回目の接種を完了している状況です。
また、国の方針に基づき、令和3年12月から新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目)が開始されることとなりました。
新型コロナウイルスワクチンに関する最新の情報やQ&Aにつきましては、下記リンクをご確認ください。

なお、初回接種(1回目・2回目)についての案内は、「新型コロナウイルスワクチン初回接種(1回目・2回目)について」をご覧ください。

 

接種スケジュール 【★更新】

追加接種(3回目)は、2回目接種の完了後、8か月以上経過した方から接種を受けることができます。
なお、新たな変異株の発生等の状況を踏まえ、2回目接種の完了から8か月以上の経過を待たずに追加接種を実施する場合の対象者について、次のとおり示されました。

2回目接種完了から8か月以上の経過を待たずに追加接種する場合の考え方
(令和4年1月13日付)

  1. 医療従事者等及び高齢者施設等の入所者等に対する追加接種は「2か月前倒しが可能6か月以上の間隔をおいて実施することができる)
     
  2. その他高齢者(令和4年2月以降)に対する追加接種は「1か月前倒しが可能7か月以上の間隔をおいて実施することができる)
    (令和4年3月以降は6か月以上の間隔へ変更)


今後、各対象者において接種可能な時期が近付いた方へ、接種に必要な「接種券一体型予診票」を順次送付していく予定ですので、通知が届くまでお待ちください。通知の送付時期および接種時期は、ワクチンの供給状況や予約枠の設定状況にあわせて決定していきます。

(補足)接種券一体型予診票とは、予診票に接種券の情報が印字された様式です。

接種時期の目安

医療従事者等及び高齢者施設等の入所者等

対象者 接種券送付時期
市内医療機関にお勤めの方 令和3年12月送付済
市内歯科・薬局、その他感染症患者と接する機会がある機関等にお勤めの方 令和4年1月11日発送済
市内医療機関に入院中の方(医療機関へ配布) 令和4年1月送付済
市内高齢者施設等に入所中の方(高齢者施設等へ配布)
  • 施設入所者については、医師等が施設を巡回して接種を行う「巡回
    接種」にて、令和4年1月18日から順次接種を進めています。
令和4年1月送付済

 

その他、高齢者の方等(医療従事者等に該当しない方)

(注意)2回目接種完了から7か月経過した時期を目安にした場合の予定です。

(令和4年3月以降は6か月へ変更)

2回目接種完了月 3回目接種予定月 通知送付時期(予定)
令和3年5月 令和4年1月 令和4年1月20日発送
令和3年6月前半(1~15日) 令和4年2月 令和4年1月20日発送
令和3年6月後半(16~30日) 令和4年2月 令和4年1月下旬
令和3年7月上旬(1~10日) 令和4年3月 調整中
令和3年7月中旬(11~20日) 令和4年3月 調整中
令和3年7月下旬(21~31日) 令和4年3月 調整中

 

接種を受けるためには 【★更新】

追加接種(3回目)を受けるためには、「接種券一体型予診票」が必要です。
通知が届くまで、今しばらくお待ちください。

(注意)

  • 「接種券一体型予診票」を含む、ワクチン接種についての通知は、原則、住民票に登録がある住所へ送付します。
  • 「接種券一体型予診票」には、1回目・2回目の接種記録を印字していますが、ご自身で保管している接種記録(接種済証等)と接種日やロット番号等が異なる場合は、「新型コロナウイルスワクチン接種記録補正申出」から接種記録補正の申請をお願いします。


なお、新型コロナウイルスワクチンの接種においては、接種を受けることは強制ではありません。ワクチン接種による「効果」と起こり得る「副反応のリスク」について、十分理解したうえで、ご自身の意志で接種を受けてください。

 

追加接種に関する通知は、次の様式でお送りしています。

追加接種通知見本(封筒)

(追加接種通知見本(封筒))オレンジ色

追加接種通知見本(接種券)

(追加接種通知見本(接種券一体型予診票))黄色のA32つ折

 

接種が受けられる時期

令和3年12月1日から令和4年9月30日まで

 

接種の対象

18歳以上の方で、2回目接種を完了した日から原則8か月以上経過した方

 

接種ワクチン

1回目・2回目に接種したワクチンの種類に関わらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを使用します。

  • ファイザー社のワクチン、または、武田/モデルナ社のワクチンを追加接種(3回目)で使用します。18歳以上の方が対象です。

 

接種費用

無料で接種できます。
(注意)接種を受ける際には、事前に市から送付される「接種券一体型予診票」を必ずご持参ください。

 

接種場所

一般の予約が開始される時期にあらためてお知らせします。

 

予約方法

予約方法はこちらをご覧ください。

 

住所地外接種について 

壱岐市に住民票はないが、壱岐市で生活中の方

住民票は壱岐市外にあるが、壱岐市で長期生活中の方につきましては、事前に申請をすることで壱岐市内で接種を受けることができます。壱岐市内で接種を希望される方は、WEBもしくは市役所窓口にて申請をしてください。
申請を受付後、壱岐市から「住所地外接種届出済証」を郵送しますので、通知が届きましたら予約をして、接種を受けてください。
なお、「住所地外接種届出済証」は申請があった日の翌週水曜日、または、壱岐市内での接種券発送スケジュールに基づいて発送します。

WEB申請の場合

「新型コロナウイルスワクチン住所地外接種届 申請フォーム」から申請ができます。

必要書類 1.住民票所在地から発行された「接種券」
2.1回目・2回目接種の記録が記載された「接種済証」
3.本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)

市役所窓口の場合

健康増進課(芦辺庁舎)の窓口で申請ができます。

必要書類 1.住所地外接種届 申請書(PDFファイル:522.4KB)
2.住民票所在地から発行された「接種券」
3.1回目・2回目接種の記録が記載された「接種済証」
4.本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)

(注意)

  • 1回目・2回目接種時に壱岐市へ住所地外接種の申請をされた方も再度申請が必要です。
  • 壱岐市内で接種を受ける場合も、住民票所在地から発行された接種券等が必要です。接種券等がお手元に届いたことを確認し、申請をしてください。

 

壱岐市に住民票があるが、壱岐市で生活中の方

壱岐市に住民票があり接種券が届いた方で、壱岐市外に長期滞在中の方(単身赴任・市外の学校に在学中・長期里帰り中等)で滞在先で接種をご希望される場合は、接種を希望する市区町村に「住所地外接種届」を提出することで、接種を受けることができます。
申請方法は、市区町村によって異なりますので、お住いの市区町村窓口へお問い合わせください。なお、Web上で申請ができる場合もありますので、下記リンクをご確認ください。

(注意)
壱岐市外で接種を受ける場合も、壱岐市が発行する接種券等が必要になりますので、必ずお手元に準備をしてください。

 

 

市内の接種状況【★更新】

壱岐市民の接種状況(令和4年1月17日時点)

1回目 

2回目 3回目
          接種率 (%)                    接種率 (%)                接種率 (%)    
 90.75% 

90.11%

 2.63%

 

 

予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり、障害が残ったりすること)が、極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
新型コロナウイルスワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
詳しくは、「予防接種健康被害救済制度/壱岐市」をご覧ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
〒811-5392
壱岐市芦辺町芦辺浦562番地 芦辺庁舎1階
電話番号:0920-45-1114 ファックス:0920-45-0996
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年01月20日