風しんの抗体検査及び第5期定期接種のお知らせ

風しんが流行しています

 2018年夏から風しんが流行しています。2018年は2,917名が感染し、現在も患者数は増加傾向にあります。
 風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。
 妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると出生児が先天性風疹症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。無症状でも周囲の人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

 

風しんの予防については、下記をご覧ください。

風疹の予防について(内部リンク)

 

成人男性への風しん抗体検査及び第5期予防接種を実施します

 今回の流行では、主に大人の患者数が多くなっています。特に、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、これまでに公的な接種を受ける機会が無かったため、感染予防に必要な抗体を持っている人の割合が他の世代に比べて低くなっています。

 そのため、国の対策に基づき、下記のとおり風しんの抗体検査及び第5期定期接種を実施します。

対象者

壱岐市に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

 

実施期間

2022年3月31日までの3年間

 

実施場所

風しんの抗体検査及び第5期定期接種は医療機関で受けることができます。

  • 壱岐市内の実施医療機関については、下記ファイル「実施医療機関(壱岐市内)」にてご確認ください。医療機関によっては、事前に予約が必要な場合があります。
  • 市外医療機関での受診を希望する場合は、下記リンク先「厚生労働省 風しんの追加的対策」にてご確認ください。

 

実施内容

  • 対象の方には、クーポン券を送付しています。
  • まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。
  • 抗体検査は血液検査です。特定健診や事業者健診等の機会にあわせて受診することをお勧めします。

 

自己負担金

無料
注意:受診時には必ず市が発行したクーポン券をご持参ください。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
〒811-5392
壱岐市芦辺町芦辺浦562番地 芦辺庁舎1階
電話番号:0920-45-1114 ファックス:0920-45-0996
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年05月22日