【予防接種】令和2年10月1日からの変更点について

ロタウイルスワクチンが定期接種になります

 令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチンの予防接種が『定期接種』になります。

 このワクチンは、ロタウイルス胃腸炎の重症化を予防します。

 ロタウイルスは、感染力が強く、激しい下痢や嘔吐を起こします。入院や合併症を起こすこともあり、生後すぐに感染する場合もあるため、ワクチンの接種は「早く始めて」「早く完了」させましょう。

 

対象者

 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

(注意)

  • 令和2年8月1日より前に生まれたお子さんは、今まで通り任意接種ですので、接種費用は全額自費になります。
  • 令和2年8月1日以降に生まれたお子さんでも、令和2年10月1日より前の接種においては、接種費用は全額自費になります。

 

ワクチンについて

 ワクチンは2種類あり、どちらも飲むタイプの生ワクチンです。

 2種類とも、効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なります。特別な事情がない限り、途中で種類の変更は出来ませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種します。

ワクチン名 ロタリックス ロタテック
接種時期 出生6週0日後から24週0日後 出生6週0日後から32週0日後
どちらのワクチンも初回接種を生後2か月から出生14週6日までに受けましょう。
接種回数・間隔 2回接種(27日以上の間隔) 3回接種(27日以上の間隔)

 

接種後に注意すること

 ロタウイルスワクチンの接種後(特に1週間から2週間)は、「腸重積症」の症状に注意が必要です。次の症状が見られた際には、すみやかに接種した医療機関を受診してください。

腸重積症について

 腸重積症とは、腸管に腸管が入り込み、腸が閉塞状態になることです。ワクチン接種後1週間程度、腸重積の発症リスクが、わずかですが上がる可能性が知られています。0歳児の場合、ロタウイルスワクチンを接種しなくても注意が必要です。もともと4か月から5か月ぐらいから月齢が上がるにつれて多くなる病気ですので、早めにワクチンの接種を完了しましょう。

(注意)次のような症状が現れた場合は早く受診することが重要です。

  • 泣いたり、不機嫌になったりを繰り返す。
  • 嘔吐を繰り返す。
  • ぐったりして、顔色が悪くなる
  • 血便がでる(便に血が混じる)

 腸重積症は、発症してから時間が経つと、手術が必要になることもありますが、発症後、すぐに治療をすれば、ほとんどの場合、手術をせずに治療が出来ます。そのため、疑わしい症状が見られた場合は、すみやかに医療機関を受診しましょう。

 また、受診時には必ずこのワクチンを接種したことを医師などに伝えてください。

 

ワクチンの接種間隔が緩和されます

 令和2年10月1日から、異なるワクチン間の接種間隔が変更になります。

(変更のポイント)

  • 「注射生ワクチン」を接種した日の翌日から、別の「注射生ワクチン」を接種するまでの間隔は、27日以上あけましょう(これまでと同じ)。
  • その他の「経口生ワクチン」や「不活化ワクチン」と異なるワクチン間の接種間隔は制限がなくなります
  • ただし、同じワクチン同士の接種間隔は、これまでと変わりません。

 詳しい内容については、添付のチラシをご覧ください。

 また、接種を受ける病院の医師や看護師と相談し、接種スケジュールをたてて予防接種を進めていきましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
〒811-5392
壱岐市芦辺町芦辺浦562番地 芦辺庁舎1階
電話番号:0920-45-1114 ファックス:0920-45-0996
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年09月14日