壱岐市特定不妊治療費助成事業について

壱岐市特定不妊治療費助成事業

令和4年度からの不妊治療の保険適用に伴い、壱岐市特定不妊治療費助成事業は、令和3年度末をもって終了することとなりました。

年度をまたいで、令和4年4月1日以降に治療が終了される方については、経過措置が適用され、助成の対象となる場合があります。

1.令和4年3月31日までに治療が終了した方

従来の助成制度での申請となりますので、下記連絡先へお問い合わせください。

 

 

2.令和4年3月31日以前に治療を開始し、令和4年4月1日以降に治療が終了する方

保険適用に向けた経過措置の対象となります。

対象となる治療

令和4年3月31日以前が治療開始日である、治療ステージA、B、D、Eの治療

令和4年3月31日以前に凍結した胚を移植した治療ステージC、Fの治療

対象の費用

保険が適用されない一連の治療に支払った費用

助成の対象

法律上の婚姻をしている夫婦(事実婚を含む)で、次の要件のすべてに該当する人

  1. どちらかが、申請を行う1年前から市内に住所を有し、かつ申請の日まで在住している人
  2. 長崎県特定不妊治療費の助成を受けている人
    (注意)ただし、長崎県特定不妊治療費助成事業において、県の助成金額を越えていること。
  3. 市税等の滞納がない人

助成の回数

夫婦(事実婚を含む)1組につき1回まで

これまでに助成上限回数に達している方は対象外となります。

(1人のお子様の治療につき6回、40歳以上の方は3回の助成を受けている方)

必要書類

  1. 壱岐市特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書                  
  2. 長崎県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  3. 長崎県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  4. 通帳の写し

3.令和4年4月1日以降に治療を開始される方

助成の対象外となります。

ただし、治療ステージC(以前に凍結した胚による胚移植を実施)の場合、採卵した日が令和3年3月31日以前であれば助成の対象となる場合があります。

 

この記事に関するお問い合わせ先

壱岐市子育て世代包括支援センター いきいろ
〒811-5392
壱岐市芦辺町芦辺浦562番地(芦辺庁舎内)
電話番号:0920-45-1201(直通) ファックス:0920-45-0996
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年05月25日