被爆75年 原爆展・ローマ教皇写真展(8月3日~8月14日)

開催場所・会場
小金丸幾久記念館
開催日・期間
8月3日(月曜日)~8月14日(金曜日)午前9時~午後5時 (注意:毎週水曜日は休館日)
イベントの種類分野
イベント / その他
イベントの詳細
内容

 今年は、被爆から75年という節目の年です。被爆者の高齢化が進み、原爆の悲惨さが風化しつつある今、平和の尊さを再認識することが求められています。
 また、昨年度はローマ教皇が初めて長崎県を訪問され、核兵器廃絶に関するメッセージを発信し、世界の平和を願う長崎県民に大きな勇気と励みを与えました。
 今後も世界に核兵器は二度と使われてはならないという思いを共有していただけるよう、写真展を開催します。

費用

入館料無料

関連イベント

この記事に関するお問い合わせ先

総務課総務班
〒811-5192
壱岐市郷ノ浦町本村触562番地 郷ノ浦庁舎2階
電話番号:0920-48-1111(代表) ファックス:0920-48-1553
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年08月03日