119番だより(平成29年6月分)

5月の火災        2件     累  計       9件

  その他の火災    2件

5月の救急     128件    累  計   735件

  急病        82件      

  一般負傷        19件

  交通事故      6件

  水難        2件

  自損行為        1件

  火災          1件

  その他(転院等)  17件

 

火災救急メモ 

1.土砂災害から身を守ろう

 梅雨の時期に入り、集中豪雨に伴うがけ崩れや土石流、地すべりなどの土砂災害が発生することが予想されます。土砂災害は、すさまじい破壊力を持つ土砂が、一瞬にして人の命や住宅などの財産を奪う恐ろしい災害です。自分の身を守るためにも、一人ひとりが土砂災害に対して、日頃から心得ておく必要があります。
 土砂災害から身を守るために、まず、地域の危険箇所を把握し、避難場所や避難経路を確認しておきましょう。また、雨が降り出したら、土砂災害警戒情報に注意して下さい。土砂災害警戒情報が発表されたら、早めの避難をお願いします。


2.住宅用火災警報器及び消火器の設置について

 住宅火災において煙などの発生を早期に知らせ、逃げ遅れによる死傷者をなくすため、住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。設置場所は、寝室及び寝室がある階の階段です。壱岐市内の各ご家庭における設置率は県下で最下位です。まだ設置されていないご家庭は、大切なご家族や財産を守るため、必ず設置をお願い致します。
 また、火災が発生した際に、早期の段階で消火するためには消火器が有効となります。腐食、老朽化の進んだ消火器を操作すると、消火器が破裂し、事故につながる恐れがあります。腐食、老朽化の進んだ消火器は危険ですので、消火器を取り扱っている消防設備業者に連絡して回収してもらい、新しい消火器を設置しましょう。

※ 詳しくは壱岐市消防本部予防課(45-3037)まで

 


~壱岐市火災予防標語~
「ひのようじん かぞくみんなの あいことば」

 

この記事に関するお問い合わせ先

壱岐市消防本部
〒811-5757
壱岐市芦辺町中野郷西触411番地2
電話番号:0920-45-3037 ファックス:0920-45-0992
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年11月09日