マイナンバー制度(特定個人情報保護評価)

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは

 マイナンバー制度は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)とされています。

 平成27年10月から国民一人一人に個人番号が付番され、平成28年1月から各種の申請手続きにおいて活用されていくことになります。

 詳しくは、下記「個人番号カード総合サイト」「マイナンバー社会保障・税番号制度-内閣官房」をご覧ください。

マイナンバーのキャラクターのウサギのイラストとマイナンバーの文字

外国人住民の皆様へ

 マイナンバー制度について、英語・中国語・韓国語でご覧いただくことができます。

特定個人情報とは

 個人番号をその内容に含む個人情報です。

 詳しくは、下記「マイナンバー社会保障・税番号制度-内閣官房」をご覧ください。

マイナンバーのキャラクターのウサギとマイナンバーの文字

特定個人情報保護評価とは

 社会保障・税番号制度における個人情報保護対策のひとつとして、実施機関が個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

 評価書を作成した場合は、国の特定個人情報保護委員会に提出するとともに、公表することが義務づけられています。

 詳しくは、下記「特定個人情報保護評価委員会」をご覧ください。

 壱岐市における特定個人情報保護評価書は、完成した事務から順次、公表してまいります。

壱岐市特定個人情報保護評価

この記事に関するお問い合わせ先

総務課総務班
〒811-5192
壱岐市郷ノ浦町本村触562番地 郷ノ浦庁舎2階
電話番号:0920-48-1111(代表) ファックス:0920-48-1553
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年02月21日