壱岐市役所庁舎耐震改修基本計画

 市役所4庁舎は、昭和47年から昭和54年にかけて建築したもので、「耐震性不足」「老朽化」等の問題を抱えています。

 東日本大震災の教訓から、市役所庁舎は自然災害発生時における防災拠点としての重要性が再認識され、行政機能を維持するだけではなく、災害対策本部としての機能を発揮できるよう、高い耐震性の確保、ライフラインや情報ネットワークの強化が強く求められるようになっています。また、先頃発生した熊本地震においても、市役所庁舎が被災し、早期の復旧復興に影響が生じています。

 市民皆様を守り、防災拠点として継続的に機能し続けるためにも、早急な対策が求められており、今回、耐震性の確保に加え、バリアフリー化等に関する内容を含めた「壱岐市役所庁舎耐震改修基本計画」を策定いたしました。

 今後、この「壱岐市役所庁舎耐震改修基本計画」に基づき、4庁舎の整備を図ります。

この記事に関するお問い合わせ先

建築整備課
〒811-5521
壱岐市勝本町西戸触182番地5 勝本庁舎1階
電話番号:0920-42-1111(代表) ファックス:0920-42-1116
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年02月20日