○壱岐市立郷ノ浦図書館条例施行規則

平成16年3月1日

教育委員会規則第19号

目次

第1章 総則(第1条―第9条)

第2章 図書館資料の館内利用(第10条・第11条)

第3章 図書館資料の館外利用(第12条―第19条)

第4章 図書館資料の寄贈及び寄託(第20条―第24条)

第5章 補則(第25条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、壱岐市立郷ノ浦図書館条例(平成16年壱岐市条例第91号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 壱岐市立郷ノ浦図書館(以下「図書館」という。)は、図書館法(昭和25年法律第118号)第3条に規定する事項の実施に努めるものとする。

(開館時間)

第3条 図書館の開館時間は、毎日午前9時から午後6時までとする。ただし、館長が特別の理由があると認めたときは、これを変更することができる。

(休館日)

第4条 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、必要がある場合は、臨時休館をする。この場合においては、その都度掲示をする。

(1) 年始(1月1日から同3日まで)

(2) 毎週火曜日

(3) 館内整理日 毎月第3木曜日

(4) ばく書期(9月又は10月中 約5日間)

(5) 年末(12月28日から同31日まで)

(入館の制限)

第5条 感染症の疾病にかかっていると認められる者、酒気を帯びていると認められる者又は風紀静粛を乱すおそれのあると認められる者は、入館することができない。

(弁償の義務)

第6条 図書館資料を亡失し、又は汚損した者は、館長の指示に従い、現品又は相当の代償で弁償しなければならない。

2 前項の弁償が終わらない者は、図書館資料を利用することができない。

(退館)

第7条 前条の規定に違反した者、館内の秩序を乱す者又は係員の指示に従わない者は、退館を命ずることができる。

(図書購入選定委員)

第8条 図書館に図書購入選定委員(以下「委員」という。)を置くことができる。

2 委員は、館長の諮問に応じて、図書の選定について、意見を述べることができる。

3 会議は、年2回以上開催し、館長が招集する。

(委員の任命及び任期)

第9条 委員は、次に掲げる者のうちから教育委員会が任命する。

(1) 市内小学校長(1人)

(2) 市内中学校長(1人)

(3) 市内小、中学校教諭(2人)

(4) 市内幼稚園長(1人)

(5) 保護者代表(1人)

(6) 学識経験者(3人)

(7) 保育所代表(1人)

2 委員の任期は2年とし、欠員を生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

第2章 図書館資料の館内利用

(図書の利用)

第10条 図書館内で、図書及びその他の資料(以下「資料」という。)等の閲覧を利用しようとする者は、自由に閲覧できる。ただし、ビデオ、紙芝居及び大型絵本は申し出なければならない。

(閲覧許可)

第11条 館長が特に指定した資料は、館長の許可を得た者以外は閲覧することができない。

第3章 図書館資料の館外利用

(館外利用)

第12条 図書館資料を館外において利用しようとする者は、住居を有する個人又は団体に限る。ただし、市外に居住する者で館長が適当と認めた者は、この限りでない。

(貸出しの手続き)

第13条 図書館資料の貸出しを受けようとする者は、壱岐市立郷ノ浦図書館利用者カード(様式第1号。以下「利用者カード」という。)の交付を受けなければならない。

2 利用者カードは、壱岐市立郷ノ浦図書館利用者カード申込書(様式第2号。以下「申込書」という。)を提出して申し込むものとし、申込書内に記載している証・書類の提示をしなければならない。

3 図書館資料の貸出しを受けようとするときは、「利用者カード」を提示しなければならない。

(利用者の転住)

第14条 館外利用者が転住したときは、速やかに届け出なければならない。

(利用者カードの取扱等)

第15条 利用者カードを他人に貸与し、又は譲渡することはできない。

2 利用者カードを紛失し、又は損傷した場合は速やかに届け出なければならない。

3 壱岐市立郷ノ浦図書館利用者カード申込書の記載事項等に変更が生じた場合は、速やかに届け出なければならない。

(館外貸出禁止資料)

第16条 館長が指定する資料は、館外貸出しすることができない。

(貸出範囲)

第17条 同時に貸出しできる資料は個人10冊、団体30冊以内とする。ただし、館長が許可したときは、この限りでない。

(貸出期間)

第18条 資料の貸出期間は14日以内とする。ただし、館長が必要と認めたときは、期間内であっても、返納させることができる。

(利用の停止)

第19条 貸出資料を期間内に返納することを怠り、その他不都合の行いがあった者は、一定期間利用を停止し、又は利用者カードを無効とし、再交付しないことがある。

第4章 図書館資料の寄贈及び寄託

(寄贈及び寄託)

第20条 図書館に資料を寄贈又は寄託しようとする者は、住所、氏名及び資料の種類、名題、員数、価格等を記載して、館長の承認を得た上で、現品を本館に送付するものとする。

(寄贈資料)

第21条 寄贈の資料には、寄贈者氏名及び寄贈年月日を託して、永くその意志を伝える。

(寄託資料)

第22条 寄託の資料は、本館所蔵の資料と同一の取扱いをする。ただし、寄託者の承諾のないものは、館外に貸出させることはできない。

(寄贈又は寄託の経費)

第23条 寄贈又は寄託に要する経費は、寄贈者又は寄託者の負担とする。ただし、特別の場合は、本館で支出することがある。

(寄託の損害)

第24条 寄託した資料が、不慮の事情によって生じた損害については、その責めを負わない。

第5章 補則

(その他)

第25条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、あらかじめ教育委員会の承認を得て、館長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の郷ノ浦町立図書館規則(昭和30年郷ノ浦町教育委員会規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成17年7月25日教委規則第19号)

この規則は、平成17年8月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日教委規則第4号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年11月1日教委規則第6号)

この規則は、平成24年11月1日から施行する。

附 則(平成27年4月1日教委規則第3号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

壱岐市立郷ノ浦図書館条例施行規則

平成16年3月1日 教育委員会規則第19号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年3月1日 教育委員会規則第19号
平成17年7月25日 教育委員会規則第19号
平成22年3月25日 教育委員会規則第4号
平成24年11月1日 教育委員会規則第6号
平成27年4月1日 教育委員会規則第3号