国土調査完了(郷ノ浦町)に伴う土地課税地積の変更について

国土調査完了に伴う、郷ノ浦町全域の平成28年度固定資産税(土地)課税地積の変更について

 壱岐市における固定資産税の(土地)課税地積については、国が定める固定資産評価基準の特例に基づき、旧町ごとに全域の国土調査(以下、国調)が完了した翌年度より、それまでの国調前の地積での課税(下の注意書きを参照)から、国調後の地積(登記地積)で課税することとなっています。
  郷ノ浦町を除く他の町では、石田町が平成9年度から、勝本町が平成18年度から、芦辺町が平成25年度から、国調後の地積へ変更されており、平成27年8月に郷ノ浦町全域における国調の登記が完了したことにより、平成28年度から郷ノ浦町の土地については、登記どおりの地積による課税となっています。

 

国調後の地積が国調前の地積よりも小さくなった場合は、すでに各地区の国調完了の翌年度から国調後の地積で課税されています。
 また、国調で分筆や合筆があった場合は、国調前地積の割合に対する国調後地積の割合による按分地積での課税となりますので、国調前地積と現在の課税地積が必ずしも一致するわけではありません。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課資産税班
〒811-5192
壱岐市郷ノ浦町本村触562番地 郷ノ浦庁舎1階
電話番号:0920-48-1118 ファックス:0920-47-4844
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年05月02日