個人住民税の特別徴収を推進しています

 壱岐市では長崎県と共同で給与所得者の方々の利便性を向上させるとともに、税の賦課徴収の公平性を確保するために、給与所得に係る個人住民税(個人市民税・県民税)の特別徴収を推進しています。

 事業主の皆様におかれましては、法令に基づく適正な特別徴収の実施について、ご理解とご協力をお願いいたします。

給与所得に係る個人住民税の特別徴収とは

所得税の源泉徴収にあたるものが住民税では特別徴収と呼ばれています

 個人住民税の「特別徴収」とは、給与の支払者である事業主が、納税義務者である従業員(給与所得者)に毎月支払う給与から個人住民税額を徴収(天引き)し、従業員に代わって居住している市町に納入する制度です。
それに対し、納税義務者の方が市町から送られてきた納税通知書により、自ら金融機関等に出向いて通常年10回に分けて納める方法を「普通徴収」といいます。

特別徴収義務について

 地方税法第321条の4及び壱岐市税条例第45条の規定により、原則として所得税の源泉徴収義務者である事業主の方は、給与所得に係る個人住民税を特別徴収することが義務づけられています。

 また、給与所得者の納税は、地方税法第321条の3(個人の市町村民税の特別徴収)等の規定により特別徴収が義務づけられています。

特別徴収にすると

事業者の方は

個人住民税の税額計算は市町で行い、税額については、当該各市町から事業主を通じて、従業員へ通知されます。したがって、所得税のような税額計算や年末調整をする手間はかかりません。

従業員の方は

  • 納税のために金融機関へ出向く手間が省けます。
  • 納め忘れがなくなります。
  • 年10回払いの普通徴収に比べ、年12回払いなので1回あたりの 負担が少なくてすみます。

特別徴収に切り替えるには

 毎年1月31日までに提出することになっている給与支払報告書(総括表)の特別徴収の欄又は余白部に朱書きで「特別徴収希望」と記載のうえ、市町に提出してください。なお、年度の途中から切り替える場合は下記までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課市民班
〒811-5192
壱岐市郷ノ浦町本村触562番地 郷ノ浦庁舎1階
電話番号:0920-48-1118 ファックス:0920-47-4844
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年02月21日