年金に関する手続き

年金の種類

20歳から60歳になるまでのみなさんは、国民年金に加入しなければなりません。

年金に関する手続き等は主に各支所で取り扱います。

国民年金の加入者は、次の3種類に分かれています。

第1号被保険者

  • 自営業、農林業者及びその配偶者
  • 学生
  • フリーアルバイター
  • 無職の人

第2号被保険者

  • 厚生年金保険、共済組合に加入している方

第3号被保険者

  • 厚生年金保険、共済組合加入者の扶養家族になっている配偶者

希望すれば加入できる方(任意加入被保険者)

  • 60歳以上65歳未満の方(受給期間を満たすための方や年金額を満額に近づけたい方)
  • 65歳以上70歳未満の方(昭和30年4月1日以前生まれに限る)で受給期間を満たすための方
  • 外国に在住している日本人(20歳以上65歳未満)
  • 60歳未満の退職年金や老齢年金の受給者

 

このような場合は、各支所市民生活課に届出をしてください。

手続きによっては必要なものが異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

年金手続きが必要な場合と手続きで必要な物
内容 必要な物
会社員や共済組合員でなくなったとき 年金手帳・印鑑・退職日が確認できる書類
共済組合に加入したとき 年金手帳・印鑑・健康保険証又は共済組合員証
住所や氏名が変わったとき 年金手帳・印鑑
サラリーマンの夫(妻)の扶養でなくなったとき 本人の年金手帳・印鑑・扶養の喪失日が確認できる書類
国民年金を請求するとき 年金手帳・印鑑・本人名義の預金通帳・戸籍謄本など
年金を受給している方の住所や年金受取金融機関が変わるとき 年金証書・印鑑・通帳
年金を受給している方が死亡したとき 年金証書・届出者印・住民票・戸籍謄本など
この記事に関するお問い合わせ先

保険課(国保後期年金班)
〒811-5392
壱岐市芦辺町芦辺浦562番地 芦辺庁舎1階
電話番号:0920-45-1157
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年02月20日