発掘調査の仕事の流れ

ステップ1 調査区を設定する

調査区を設定する

1.発掘調査では、はじめに調査を行う範囲〔=調査区〕を設定します。

2.2000年の年月をかけて堆積した土をスコップで掘り下げていきます。

発掘調査では、はじめに弥生時代の遺跡が広がっている層〔=調査面〕まで掘り下げていく作業を行います。

ステップ2 遺構を探す

遺構を探している画像

3.調査面に到達するとネジリガマを使って当時の生活の痕跡〔=遺構〕をさがします 。

遺構は土の色の違いや土の硬さの違いなどを基に見つけていきます。

ステップ3 遺構を調べる

遺構を調べる

4.確認された遺構を、移植(いしょく)ゴテを使って掘り下げていきます 。

弥生時代に一支国人が使用していたもの〔=遺物〕はこの遺構と呼ばれる場所に埋まっています。

ステップ4 遺物を探す

遺物を探している画像

5.遺構の中に埋まっている遺物を探します 。

検出した遺構が「どのくらいの深さがあるのか」、「床面がどのような形をしているのか」など地表面からだけではわからない情報を収集します。

ステップ5 遺構を完掘(かんくつ)する

遺構を完掘(かんくつ)する

6.遺構を掘って見つかった遺物はすぐに取り上げずに見つかった状態で残したまま、遺構の最後まで掘り下げます。

発掘調査とは、遺物を見つけることが目的ではなく、「どのような状態で見つかったのか」、「どの位置から見つかったのか」などを知ることが調査の目的です。

ステップ6 遺構を測量する

遺構を測量する画像

7.遺物が「どのような状態で見つかったのか」・「どのような高さから見つかったのか」など写真ではわからない情報を、平板やレベルを使って記録します。

見つかった遺物から「その遺構が何の目的で使われていたのか」、「見つかった高さからどちらの土器が古いのか」などを推測していきます。

ステップ7 調査成果を記録する

調査成果を記録している画像

8.調査区から「どんな遺構が発見されたのか」、「どの位置にあったのか」など調査区全体の情報を記録するため、上空から調査区を撮影して記録します。

空中から撮影した写真から、確認された建物と建物の位置関係や建てられた建物の向きなどを俯瞰的(ふかんてき)にみることができます。

ステップ8 出土した遺物を洗浄(せんじょう)する

出土した遺物を洗浄(せんじょう)する画像

9.出土した遺物には土が付着しているので、水で洗いながら少しずつ付着している土を落としていきます。

強く洗いすぎると遺物が割れてしまったり、傷がついたりしてしまいます。また弱すぎると付着している土が落ちません。洗浄作業は遺物から手に伝わる感覚を頼りに土を落としていく繊細な作業が続きます。

ステップ9 遺物を接合する

遺物を接合している画像

10.洗浄作業が終わった破片を広げ、色や割れている部分を確かめながら接合していきます。ジグソーパズルとは異なり、必ず合うかどうかわからない中で合うものを探していく作業です。

11.足りない部分は石膏(せっこう)で隙間を埋めていきます。

※必要に応じて色を塗って本来の形に近づけます。

遺物を接合する画像2

ステップ10 遺物を実測する

遺物を実測する

12.接合が終わった土器を実測します。写真では分からない土器の厚さや断面の状況、土器についている文様などを測量によって図化していきます。

実測は、模写ではなく実際に点を測り、その点を繋げていくことで実際の大きさと同じ1分の1の図面が完成します。

ステップ11 報告書をつくる

報告書をつくっている画像

13.遺跡で記録した実測図や土器の実測図を報告書に掲載するため、トレース作業を行います。

14.印刷を行って、1冊の報告書が完成

報告書の画像
この記事に関するお問い合わせ先

文化財課
〒811-5322
壱岐市芦辺町深江鶴亀触515番地1 一支国博物館内
電話番号:0920-45-2728 ファックス:0920-45-2829
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年02月22日