手続き等の留意点・注意点

問合せ先

壱岐島内の遺跡に関する問合わせは下記までご連絡下さい。
〒811-5322
長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
壱岐市立一支国博物館内
壱岐市教育委員会 文化財課
電話 : 0920-45-2728 ファックス : 0920-45-2829

開発予定地の遺跡の有無についての照会・確認に関する留意点・注意点

開発予定地内に遺跡があるかどうか確認したい場合、長崎県公式ホームページで公開している「長崎県遺跡情報システム」で遺跡の有無について検索することか、直接電話もしくは文化財課窓口にて確認することができます。
遺跡範囲に該当するかどうか問い合わせたい場合は、遺跡範囲照会依頼書を作成し、電話もしくは、直接文化財課窓口までお越し下さい。
【電話での照会の場合】事前に上記に連絡を入れて、返信用封筒同封の上、郵送にて遺跡範囲照会依頼書と照会場所がわかる図面を提出してください。依頼書確認後、遺跡の有無について回答いたします。
【直接文化財課にて照会を希望する場合】遺跡範囲照会依頼書を直接ご持参ください。その場で、遺跡の有無について回答いたします。

埋蔵文化財発掘の届出に関する留意点・注意点

開発計画地に遺跡(周知の埋蔵文化財包蔵地)がある場合は、発掘の届出書に必要事項を記入し、計画図等を添付し、工事着手の60日前までに壱岐市教育委員会文化財課に提出してください。

申請には、「発掘の届出」に内容を記入し、開発予定地及び開発内容を示す添付書類が必要です。
添付書類は開発予定地の1.位置図 開発計画の2.配置図 3.立面図 4.平面図 5.断面図(基礎)等の写しが必要です。

発掘調査の届出に関する留意点・注意点

開発予定地が遺跡に該当し、発掘調査〔本調査〕を実施する場合は、発掘調査の届出が必要です。
申請には、「発掘調査の届出」に内容を記入し、添付書類を付けて壱岐市教育委員会文化財課に発掘調査開始の30日前までに提出してください。
添付書類には1.発掘を計画している場所の位置図 2.土地所有者の発掘承諾書 3.発掘担当承諾書〔必要の場合のみ〕が必要です。また、大学や研究機関が実施する発掘調査などもこの届出が必要となります。

予備調査に関する留意点・注意点

新たに遺跡を発見した場合は、遺跡発見の届出が必要です。
届出のあった新たに発見された地点の現地確認もしくは試掘調査を行い、必要であると判断された場合には、新たに遺跡として登録されます。新たに遺跡として登録された後に、開発行為を行う場合には発掘調査等の手続きが必要となります。

発掘調査の進め方

原の辻遺跡では、一支国王都の実態解明に向けて発掘調査を継続的に実施しています。発掘調査を行い、当時の生活の痕跡〔=遺構〕や当時の使用した土器や道具〔=遺物〕を発見し、「調査した場所がどのような役割を果たしていたのか」、「見つかった遺物にどのような価値があるのか」などを調査成果から推測していきます。調査成果は1冊の本〔報告書〕にまとめられ、全国に調査情報を発信しています。
各地で実施されている発掘調査成果が結びつくことで、弥生時代における文化、習慣、社会などの実態が少しずつ解明されていきます。

これまでの原の辻遺跡の調査成果

この記事に関するお問い合わせ先

文化財課
〒811-5322
壱岐市芦辺町深江鶴亀触515番地1 一支国博物館内
電話番号:0920-45-2728 ファックス:0920-45-2829
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月10日