原の辻遺跡の調査の歴史

原の辻遺跡の調査のあゆみ

明治37年頃(1904)

松本友雄によって原の辻遺跡が発見される

昭和2年(1927)

松本友雄が学会誌「考古学雑誌」〔タイトル:壱岐国考古通信(一)深江春の辻の遺物包含地〕で原の辻遺跡を紹介する
これが原の辻遺跡の存在が学界に知られるようになったきっかけである。

昭和5年(1930)

松本友雄が学会誌「考古学1」〔タイトル:壱岐に於ける弥生式土器遺跡の分布と原の辻遺跡〕で原の辻遺跡を紹介する

昭和6年(1931)

山口麻太郎が島内紙「壹岐日報」にて壱岐の遺跡〔原の辻遺跡〕に関する論評を掲載する

昭和14年(1939)

鴇田忠正(ときたただまさ)が原の辻遺跡の北側を流れる幡鉾川改修のための土取り工事で断面に露出した遺物包含層の調査を実施

昭和26年(1951)

東亜考古学会が壱岐・原の辻遺跡の発掘調査を継続的に実施
〔昭和36年(1961)まで〕

主な調査成果

  • 集落の拠点となる居住域と墓域を確認
  • ト骨、貨泉、細形銅剣、細形銅矛、大陸や韓半島系の土器を発見
  • 石器から鉄器への転換期を明確に示した典型的な遺跡として評価

そして「原の辻上層式」の設定

昭和49年(1974)

大原地区の造成工事に伴う事前調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第35集 2007

  • 甕棺墓や石棺墓など50基以上の墓坑を確認⇒大原墓域の周知
  • 戦国式銅剣、とんぼ玉を発見

昭和50年(1975)

3ヵ年計画で原の辻遺跡の遺構確認調査を実施
〔昭和52年(1977)まで〕

主な調査成果

『原の辻遺跡』 長崎県文化財調査報告書第26集 1976
『原の辻遺跡2』長崎県文化財調査報告書第31集 1977
『原の辻遺跡3』長崎県文化財調査報告書第37集 1978

  • 丘陵全体に遺跡が広がっていることを確認
  • 大原墓域につづき、大川地区や原の久保地区でも墓坑を確認
  • 大川地区〔大川墓域〕から青銅鏡、銅釧を発見

平成3年(1991)

2ヵ年計画で原の辻遺跡を流れる幡鉾川総合整備計画に伴う事前遺構確認調査を実施
〔平成5年(1993)まで〕

平成5年(1993)

丘陵の北東側低地部〔石田高原地区〕の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』長崎県文化財調査報告書第124集 1995

  • 丘陵に沿って掘られた多重の溝を確認
  • 大量の弥生土器、木製楯、貨泉、銅鏃、骨製離頭銛等を発見

平成6年(1994)北側丘陵上〔高元地区〕の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』芦辺町文化財調査報告書第9集 1995

  • 丘陵北側で竪穴住居跡、掘立柱建物跡、土坑、貯蔵穴が検出され、居住域が丘陵上に広がることが判明
  • ト骨、青銅鏡を発見

平成6年(1994)大川地区の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡・安国寺前A遺跡・安国寺前B遺跡』
原の辻遺跡調査事務所調査報告書第1集 1997

  • 古代の溝跡を確認
  • 初期貿易陶磁器、緑釉陶器、墨書土器等を発見

平成7年(1995)壱岐・原の辻展示館と原の辻遺跡調査事務所を開設

 〔施設面積:728平方メートル 展示面積:397平方メートル 調査研究施設面積:331平方メートル〕

平成7年(1995)丘陵の頂部にある高台部分〔原地区(通称:祭儀場跡)〕の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第11集 1999
祭儀場跡で丘陵を横断する2条の区画溝と軸の並んだ高床建物跡と平地住居跡及び小型高床倉庫群を確認
これにより調査指導委員会にて原の辻遺跡が『魏志』倭人伝に記載された「一支国」の王都と特定される

平成8年(1996)幡鉾川改修に伴う河川内の事前調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第9集 1998

  • 内海湾(うちめわん)につながる当時の河川跡を確認
  • ココヤシ笛、細形銅剣、石製把頭飾、木製短甲、大量の朝鮮系無文土器等を発見

平成8年(1996)丘陵の北西側低地部〔不條地区〕の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡・鶴田遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第4集1998

  • 日本最古の船着き場跡を確認
  • 2本の突堤を持ち敷租朶工法を用いて造られていることが判明

平成8年(1996)原の久保地区の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第11集 1999

  • 甕棺墓や石棺墓で構成された列埋葬の墓坑群を確認
  • 内行花文鏡、小型 N製鏡を発見

平成9年(1997)溜池造成工事に伴う事前調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第5集 1998

  • 船着き場跡につながる当時の河川跡を確認
  • 長さ3.2mの床大引材を発見

平成9年(1997)国史跡に指定される〔9月2日〕

平成10年(1998)

丘陵の北西側低地部〔不條地区〕で確認された船着き場跡周辺の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第16集 1999

  • 東側で確認された溝跡につづき、西側でも多重の溝跡が確認されたことで遺跡が丘陵を取囲む環濠であることが判明
  • 五銖銭、三翼鏃(さんよくぞく)、楽浪系滑石混入土器等を発見

平成11年(1999)

丘陵の北西側低地部〔不條地区〕の調査を継続して実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第19集 2000

  • 環濠内の土器溜り部分を確認
  • 青銅製の車馬具(しゃばぐ)、貨泉、鉄鎚(てっつい)、鋳造鉄斧(ちゅうぞうてっぷ)・鉄鑿(てつのみ)、ト骨等を発見

平成12年(2000)丘陵の南西側低地部〔八反地区〕の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第21集 2001

  • 河川跡に沿ってつくられた石組護岸を確認
  • 大泉五十、建築部材、竪杵等を発見

平成12年(2000)国特別史跡に指定される〔11月24日〕

国内の弥生集落遺跡では登呂遺跡(静岡県)、吉野ヶ里遺跡(佐賀県)に続いて3例目の指定

平成13年(2001)丘陵の南西側低地部〔八反地区〕の調査を継続して実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第24集 2002
『原の辻遺跡』原の辻遺跡保存等協議会調査報告書第3集 2002

  • 人面石を発見
  • 環濠内から人骨と獣骨282点を発見

平成13年(2001)大原墓域の実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』石田町文化財調査報告書第5集 2002
『原の辻遺跡』石田町文化財調査報告書第6集 2003

  • 昭和49年に調査した範囲の西側を拡張し、新たに甕棺墓や石棺墓などの墓坑を確認
  • 銅鏃25本、細形銅剣4本、多紐細文鏡片等を発見

平成13年(2001)原の久保墓域に隣接する苣ノ木地区(ちしゃのきちく)の調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第25集 2002

  • 新たに甕棺墓群を確認
  • 青銅製の釦、ガラス小玉216個を発見

平成14年(2002)丘陵の南東側低地部〔石田高原地区〕環濠の実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第26集 2003

  • 環濠の途切れた部分を土橋とし、中心域への出入り口とみられる場所から柵列と門の跡を確認
  • 強い被熱痕が残る焼土坑を確認
  • 龍線刻土器、青銅製銅鐸の舌を発見

平成14年(2002)主要地方道勝本石田線改良工事に伴う事前調査〔不條地区〕を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第27集 2004
木製の扉材、馬韓系土器、楽浪系瓦質土器、切子玉等を発見

平成15年(2003)南側丘陵上〔原地区〕居住域の実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』芦辺町文化財調査報告書第17集 2004

  • 側面の壁が焼けた連結式土坑、石棺墓、甕棺墓を確認
  • 鋳型や中広形銅矛片を発見

平成15年(2003)北側丘陵上〔高元地区〕居住域の実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第28集 2004
朝鮮系無文土器、アワビおこし、石錘等を発見

平成15年(2003)主要地方道勝本石田線改良工事に伴う事前調査〔不條地区〕を実施

主な調査成果

【主な調査成果】

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第29集 2005
河川跡に沿ってつくられた石組護岸遺構、樹皮を敷き詰めた跡を確認

平成16年(2004)祭儀場跡南側〔原地区〕の居住域実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第31集 2005

  • 祭儀場で検出された建物群と同じ軸を持つ場所で周溝状遺構を確認
  • 鉄剣を発見

平成16年(2004)大原墓域の実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』壱岐市文化財調査報告書第2集 2005
昭和49年に調査した範囲の北側を拡張し、新たに周溝を持つ土坑墓や甕棺墓などの墓坑を確認

平成17年(2005)丘陵の旧地形確認調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第31集 2005
丘陵の旧地形を解明する中で、新たに大規模な土器溜り遺構を確認

平成17年(2005)大川墓域の実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第38集 2008
船着き場跡の形が島状になっていることを確認

平成17年(2005)3ヶ年計画で船着き場跡の実態解明調査を実施 〔平成19年(2007)まで〕

主な調査成果

『原の辻遺跡』原の辻遺跡調査事務所調査報告書第38集 2008
船着き場跡の形が島状になっていることを確認

平成18年(2006)

大規模な土器溜り遺構の実態解明調査を実施

主な調査成果

『原の辻遺跡』壱岐市文化財調査報告書第10集 2007
・土器溜り遺構内から人骨や獣骨、丹塗り土器等を発見

平成19年(2007)

主要地方道勝本石田線改良工事に伴う事前調査〔原地区〕を実施
〔平成20年(2008)まで〕

主な調査成果

『原の辻遺跡』壱岐市文化財調査報告書第39集 2009
祭祀土坑を伴う甕棺墓・石棺墓で構成された墓坑群を新たに確認

現在も、集落の実態解明に向けた発掘調査を継続して実施中

この記事に関するお問い合わせ先

文化財課
〒811-5322
壱岐市芦辺町深江鶴亀触515番地1 一支国博物館内
電話番号:0920-45-2728 ファックス:0920-45-2829
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年03月10日